年金関連

個人年金、国民年金、会社の年金、SIPP等々

年金関連

Labour が選挙に勝って、どうなるのか?

House of Common(庶民院、日本語訳だと私には変に聞こえますが)総数650議席の内、412議席をLabour Party (労働党)が取って、新しい総理大臣が選出されました。 これにより、政策が変わることは想像できますが、どのよ...
年金関連

Pension consolidation

年金一本化の長所短所の説明
年金関連

NEST Pensionを始めた時に確認すること。

イギリスで就職した時によくあるNESTペンションに加入した際の注意点。
年金関連

Lasting Power of Attorneyと年金について

Lasting Power of Attorneyと年金は一緒にアレンジをしたほうがいい。
年金関連

イギリスの国民年金2024年4月税期から高インフレのため9%近い上乗せ。

2024年4月税期よりイギリス国民年金が9%近く上乗せ
年金関連

60対40は過去の遺物か?

以前、ファイナンシャルアドバイザーとか、インターネットで言われていたことは、リタイア前の年金運営は60%株・ファンドで残り40%はボンド(社債、国債)が安全とのことでした。それが2021,2022年に株の値段が下がった際に、普段はボンドの値...
年金関連

LISA vs Pension

以前書いたものにも出てきたLISAとPensionの比較の件ですが、やはり、再度まとめた方が良いと思いましたので、ここでも書きます。 まず、LisaとPensionの説明を再度簡単にします。 LISAとはLifetime Individul...
年金関連

Crystalised or Uncrystalised Pensionとは

個人年金や職場年金を60才位になって退職して、年金の支給を受ける際にこのCrystalised/Uncrystalised Pensionという言葉が出てきます。 Pension貯蓄期間 職場年金や個人年金は20%、40%等のTaxを払う前...
年金関連

退職後の生活設計

国民年金支給開始年齢前のリタイア 国民年金をもらえる年齢が今は66才ですが、2026年から段階的に先延ばしされて、私の場合は67才になります。 Check your State Pension age もし、それまでにリタイアしたい場合は、...
年金関連

イギリスの職場年金

職場年金(Workplace pension) これは教育の一環としての記事ですので、ファイナンシャルアドバイスではありませんので、必要な方はプロにご相談下さい。 職場年金(Workplace pension)というのがイギリスにはあります...