イギリスのISA

お金の話

Individual Savings Accounts (ISAs)

日本のNISAはイギリスの本場アカウントがISAをモデルにして作られたものです。

ISA特徴

NISA同様、金利、運用益等々は非課税です。

タイプとしては4つのタイプになります。

  • cash ISA (貯金型)
  • stocks and shares ISA (投資型)
  • innovative finance ISA (イノベーティブファイナンス、ピアツーピアレンディング)
  • Lifetime ISA(家の購入の頭金にしたり、年金目的)

口座開設制限

英国居住の18才以上、LifetimeISAのみ40才以下

ISAの仕組み

日本のNISAはいろいろややこしいが、イギリスのISAはいたって簡単、毎タックス年度4月6日から翌年の4月5日内に、2万ポンドが入金・投資の制限額で、それを超えない限り、どのタイプに入れても良い。(LitimeISAを除く)

LifetimeISAのみ毎年度上限4千ポンドとなっている。

ISA口座は毎年入金を続けても、上限がないので、これだけでミリオネアーになっている人も居る。

ISAの種類

Cash ISA

  • 銀行預金(savings in bank and building society accounts)
  • NS&I National Savings and Investments 国がやってる銀行

Stocks and shares ISAs can include:

  • shares in companies(株式投資)
  • unit trusts and investment funds (ファンド)
  • corporate bonds (社債)
  • government bonds (国債)

Lifetime ISAs may include either:

  • cash(預金)
  • stocks and shares(株、ファンド)

Innovative finance ISAs (イノベーティブファイナンスISA)

  • peer-to-peer loans – loans that are given to other people or businesses without using a bank
  • ‘crowdfunding debentures’ – investing in a business by buying its debt
  • funds where the notice or redemption period means they cannot be held in a stocks and shares ISA

Innovative finance ISAs口座はFSCSの補償外なので、注意が必要です。Financial Services Compensation Scheme (FSCS).

How to open an ISA

ISA口座を扱っている下記の銀行・会社等でアカウントを持てます。

  • banks 銀行
  • building societies 住宅金融組合
  • stock brokers 投資信託会社
  • peer-to-peer lending services/crowdfunding companies
  • other financial institutions

Withdrawing your money

基本、ISAアカウントはフレキシブルなので、何時でも出せます。(定期預金タイプだと、引き出すと罰則で金利が引かれたりします。Innovative FinanceISAは現金化するのに時間が掛かると書いてあったりするので注意要。

もちろん、LifetimeISAは家を買う頭金に使うか、60才になるまで出すことができません。

ISAの利点は税金が金利、運用益にかからない事ですが、もちろん、ISAアカウントにに入れる前に、Basic Rateを払っている人は20%を取られています、よくISAとPensionのどちらが得という比較がありますが、Pensionは積み立て時は税控除で、支給される時に税金を取られますので、収入が£52,700を超えるのであれば、年金の方が税控除額が増えるので得だと思います。(イギリスは金持ちの為にあると思う)BasicRateTaxPayerの場合は、Pensionをもらう時に25%のTaxFreeの特典があるので、その分お得です。ただ、Pensionは57才(2028年から)まで出せませんが、ISAはいつでも出せます。

LifetimeISAは別に書いてるので、そちらを参照してもらうといいと思います。積み立て時に25%のボーナスが政府から払われるので、他のISAと違うところです。

私が、18才から、30才だとすると、どういった職業をしてるのにもよりますが、まずはWorkPlace Pensionを国の指導以上に出してくれる会社に勤めているのであれば、絶対Workplace Pensionに入れます。BasicRatePayerで会社からWorkplacepensionの国指導以上の恩恵がないのであれば、LifetimeISAをできるだけ入れて、あとはPensionとISAにその時の生活環境に合う比率で入れる?

受け皿はISA、Pensionだろうとファンドに入れての運用になりますが、金利の高い今、Trading212のの5.2% Cash ISAも結構すごいと思います。

イギリスだと、子供ができると、すごいお金がかかるし、家を買のも、しかりですので、老後に備えられるのは大変です。

私はファイナンシャルプランナーではありませんので、情報は教育目的ということで、ご相談はプロにお願いしてください。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました